家庭用脱毛器を使用するときのお肌のケア

家庭用脱毛器がかなり進化してきているとはいえ、脱毛後の肌は少なからずダメージを受けています。
エステサロンに通っているのであれば、プランに脱毛後のお肌ケアも入っているかもしれません。
ですが、家庭用脱毛器を使って自分で脱毛する場合は、お肌のケアも自分自身で行う必要があります。
脱毛後の肌はとても敏感です。
乾燥もしているので、たっぷりと保湿することを心がけましょう。
保湿は、脱毛効果をあげることにも繋がります。
脱毛後の肌のお手入れをしっかりと行うことが、脱毛効果を上げるだけでなく、キレイな肌作りにも役立ちます。
ただ脱毛するだけでなく、魅せる肌づくりをしたい人は、脱毛後のケアが必要不可欠です。

 

家庭用脱毛器を使ったあとに気をつけたいこと

 

家庭用脱毛器の使用後に気をつけたいのは、日焼けとお風呂です。
ただでさえ肌に刺激が大きい紫外線は、脱毛後のダメージを受けた肌には大敵です。
肌を痛めるだけでなく、シミの元にもなります。
せっかくムダ毛が減っても、シミができてしまうと残念ですよね。
脱毛のあとは、紫外線を浴びすぎないように気をつけましょう。
また、脱毛後の肌は熱いお湯にも敏感です。
脱毛後の肌は熱を持っていることが多いので、身体を温めると余計に肌に熱を与えてしまいます。
少なくとも家庭用脱毛器を使った当日は、湯船につからずにシャワーで済ませるのが良いでしょう。
ほかにも、制汗剤の使用にも注意が必要です。
制汗剤は毛穴に入り込んで、肌トラブルや黒ずみの原因になるので、使用を控えるようにしましょう。
このように、脱毛後はお肌の保湿と同時に、刺激を与えないことも大切なのです。

 

おすすめの家庭用脱毛器は こちら!

家庭用脱毛器(サーミコン脱毛)

家庭用脱毛器には、サーミコン脱毛、光脱毛、レーザー脱毛、などいくつかの種類があります。
ここではサーミコン脱毛をご紹介します。
サーミコン脱毛とは、熱伝導を使った脱毛方法です。
機器の先にワイヤーがついていて、スイッチを入れるとワイヤーが熱くなります。
この熱くなったワイヤーを毛に当てて毛根を焼くことで、脱毛します。
そのため、使用するときには、ある程度毛を伸ばしておく必要があります。
伸ばすといっても、長ければ良いというわけではなく、脱毛に適した長さが必要です。
サーミコン脱毛に限ったことではないですが、家庭用脱毛機器で効果を感じるためには、回数を重ねることが大切です。
また、使用するときには、機器が熱を帯びているので、やけどしないよう注意しましょう。

 

家庭用脱毛器(光脱毛)

 

ここでは、光脱毛についてご紹介します。
光脱毛は、脱毛したい箇所に光を当てて、毛根にダメージを与えることで脱毛する方法です。
光が黒い部分にのみ反応する仕組みになっていて、毛根にあるメラニン色素を狙って熱を与えます。
ただ、ホクロがある場合にはホクロにも反応してしまうので、
脱毛前にはマスキングテープなどで覆って光が当たらないように気をつけましょう。
こうすることで、脱毛したい箇所以外の肌負担を軽減することができます。
せっかく脱毛できても、肌がボロボロになってしまうのは嫌ですよね。
光脱毛なら、脱毛しながら毛穴を引き締める効果もあるので、一石二鳥です。
家庭用脱毛機器のなかで、一度に脱毛できる面積が比較的大きいことも特徴です。
ただ、ほかのタイプより高額であることが多いので、痛みの有無や効果をよく検証してから購入することをオススメします。

家庭用脱毛器と毛周期

実は、脱毛には毛の毛周期というものが関係していて、処理は1回では終わりません。
期間をあけて複数回、脱毛処理する必要があります。
これは、家庭用脱毛器でもエステサロンでも同じことです。
毛周期とは毛が生え変わるサイクルのことで、成長期、退行期、休止期があります。
成長期は、毛が伸びて、肌の表面に出ている時期です。
私たちが目にしている毛は、この成長期の毛です。
成長期が終わると、成長した毛が抜け落ちる退行期を迎えます。
次に、毛の成長が停止する期間である休止期を迎え、これが過ぎるとまた成長期に入るのです。
肌の表面に見えている毛は、全体の2割程度と言われ、残りの8割は皮膚の下で退行期、休止期を迎えている状態なのです。
そのため、家庭用脱毛器でもエステサロンでも、脱毛処理は期間あけて複数回処理を繰り返す必要があるのです。

 

家庭用脱毛器と脱毛にかかる期間

 

家庭用脱毛器でもエステサロンでも、処理をして脱毛できるのは成長期の毛だけです。
その成長期を迎えて肌の表面に出ているのは、全体の2割程度なので、脱毛するまでにはある程度の時間がかかります。
毛周期には個人差があり、ワキや腕など部位によっても異なります。
成長期の目安として、ワキは3~5ヶ月、腕は3~4ヶ月、膝下は4~5ヶ月、ビキニラインは1~2年と言われています。
つまり、この成長期を目安にして、ワキなら3~5ヶ月ごと、腕なら3~4ヶ月ごとに家庭用脱毛器を使って処理をするのが理想的ということになります。
是非参考にしてみてくださいね。

家庭用脱毛器と規制

家庭用脱毛器を含めた美容機器は、体に直接触れるものなので、トラブルがあった場合を考慮して規制対象となっています。
たとえば、レーザー脱毛は医療機関で資格のある人だけが施術できるようになっていますし、

エステサロンや医療機関で使用している機器は販売することが禁止されています。
こうした規制がかかっている脱毛器だからこそ、家庭用脱毛器は安全なものを選ぶようにしたいですよね。
使い方によっては、やけどしてしまう機器もあるので、口コミを検索して安全性を確かめてから購入するようにしましょう。

 

家庭用脱毛器の選び方

 

一言で家庭用脱毛器と言っても、さまざまな種類があります。
ポイントは脱毛したい箇所やランニングコストを計算した上で選ぶことです。
たとえば、脱毛したい部分が腕や脚など広範囲なら、一度で脱毛できる範囲が広いものを選ぶ方が効率的です。
また、家庭用脱毛器のなかには、カートリッジを交換するタイプもあります。
せっかくエステサロンより安く済むと思ったのに、カートリッジを交換することでエステサロンより高い金額になってしまったら意味がないですよね。
ランニングコストを計算した上で、エステサロンより安くなっているかどうかも、一度検証したほうがいいでしょう。
脱毛できる部位が限られている機器もあるので、自分が脱毛したい部位が処理できるのかを確認することも重要です。
最近は口コミをネットで調べることができるので、購入前に使用感や効果を調べてみることをオススメします。

ムダ毛処理と家庭用脱毛器

夏が近づくと、ムダ毛が気になりますよね。
ムダ毛の処理方法には、毛抜きやカミソリでの自己処理、エステサロンでの脱毛、

医療機関でのレーザー脱毛、家庭用脱毛器を使った脱毛などがあります。
たいていの方は、毛抜きやカミソリで自己処理をしているのではないでしょうか。
ですが実は毛抜きやカミソリでの処理は、肌にかなり負担がかかります。
毛穴が炎症した跡が色素沈着したり、皮膚に毛が埋没してしまうといった肌トラブルを引き起こす原因になります。
とはいえ、エステサロンに通うのはお金と時間がかかりますし、予約がなかなか取れないというデメリットもあります。
医療機関でのレーザー脱毛は効果が高いのが特徴ですが、痛みや肌への負担が大きく不安な方も多いと思います。
そこでオススメしたいのが、家庭用脱毛器です。
最近は家庭用の美容機器もかなり進化していて、家庭用脱毛器を使う人が増えています。
次の章で、家庭用脱毛器のメリットをご紹介したいと思います。

 

家庭用脱毛器のメリット

 

家庭用脱毛器のメリットは、何といっても自宅で処理ができることです。
Vライン、Iライン、Oラインは人に見られるのは恥ずかしいですよね。
こういった部位も、家庭用脱毛器なら人目に触れずに自分で処理できます。
また、自分の都合の良い時に、自分の好きな分だけ脱毛ができます。
時間があるときは広範囲を脱毛すれば良いですし、あまり時間が取れないときは少量にするなど、自分のペースで脱毛できるのは嬉しいですよね。
エステサロンに通うよりもコストが安く済むことも、大きなメリットです。